訪日外国人の増加もあり、英語の必需性は昔と比べても随分と高まりました。現在では単にコミュニケーションの手段ではなく、ビジネスでも必須となりつつあり、現在では英語学習熱が日本にも押し寄せています。

ただ、英語のうち英会話に関しては、留学をせずとも実力を高められる環境が日本でもかなり整ってきており、言ってみれば学習コストもかなり低くなっている訳です。英語学習がより身近になっているということでしょう。

その中で、年齢を問わずに人気になっている英会話学習法として、オンライン英会話と呼ぶものが存在しています。

オンライン英会話の聖地であるセブ島

オンライン英会話の聖地とも呼べるのがフィリピンで、特にセブ島では観光語学留学を含めて運営する企業が相当数あります。

もちろん、現地に行きたくない方もフィリピン人講師を相手にネットで英会話学習でき、コストパフォーマンスもより高くなるでしょう。

フィリピン政府としても人材をフィリピンに置いたまま外貨獲得がスムーズに進められる手段とされ、今後はフィリピンの主力産業の1つとなっていくかもしれません。

ネイティブとの学習にこだわらない

英会話学習をされる方によってはネイティブ講師と一緒に進めたいという方も多いようですが、ネイティブ講師との学習はコストも割高となります。

しかし、オンライン英会話での経験のある私からすると、ネイティブの発音だけに聴き慣れても訛りのある英語発音に対応できません。基本的に外国人が東京弁を聴き取れて、大阪弁が聴き取れないことと同じです。

世界中を見ても公用語として英語を使う方は多くても、実際は英語ネイティブの方は意外に少なく、それぞれの英会話には訛りがあるのが現状でしょう。

そういう意味では、英語圏でありながらも訛りのある英語を話すフィリピン人講師との学習を進めるほうが、むしろ実際的だと私は考えています。

聴き取りの能力は対面学習よりも高めやすい

基本的に会話はネットでの通話は画面で相手が見えても、会って話しながらの対話よりも聴き取りにくくなる傾向にあります。日本語ができる外国人でも、電話応答は苦手って言う方も多いですよね。

そして、通信での聴き取り能力を高めることで、基本的な対面コミュニケーション能力も高められるようになり、結果的には英語を話すことに対する自信もスピーディに身に着いていくことでしょう。

業者は総合的に決定すべき

一方で、オンライン英会話の業者を見てみるとその質も大きな差があり、ここは学習を始める前にしっかりと吟味したいところです。

基本上、安い業者は多くのフィリピン人講師を採用しているという点では大した違いはありませんが、講師陣の多さや教材の分かりやすさなどは大きく違いがあります。

講師の質も業者によって大きく異なりますので、表面的な価格だけに惑わされないように十分にチェックしていきましょう。