日本人だけでなく、各国人の海外旅行欲が一気に進むようになったのは、LCC(格安航空会社)市場の拡大が大きく影響しています。

少し前はLCCも安かろう悪かろうのイメージにて、安全性も一般のキャリアに比べると劣るのではないかという懸念もありました。

しかし、近年は大手でも安全性に関するインシデントも目立つようになり、結局はLCCと比べても高いだけでそれほど安全ではないのではないかと認識する方も増えたのも事実です。

現在はLCCも大手の傘下に入っていることが多いので、むしろ親会社としての大手がLCCのマーケットを頼りにしているような状況も生まれてきています。

LCCによって明かされた航空業界の実態

LCCはもともと大手にしてみればライバルでしたが、資金とネットワークや信用度からすると大手には到底かないません。

よって、結果的に大手の傘下に入っているのは自然の流れでもありますが、少なくともLCCは航空料金の相場を思いっきり下げる脅威の存在だったはずです。

飛行機に乗る顧客が思うLCCの最大の功績は、飛行機ってこんなに安く乗れるんだということを世の中に示した部分にあり、これはまさに大手にとっては絶対に明かしてはならなかった部分でしょう。

LCCが抱える大きな課題も見えてきた

その一方で、今回の国際的な感染症の問題によって、LCCの持つ大きな課題も浮き彫りになりました。それは、飛行機に乗る人間が一気に減ってしまうリスクです。

大手旅客機による運航は薄利多売ではなく、かなり低い搭乗率でも耐えられるビジネスモデルでした。

しかし、LCCは資本の少ない薄利多売のモデルであることから、今回のような感染症による各国での出入国制限下では、単体でも一気に運営が難しくなると同時に再開も困難となります。

さらに、すでに触れたように大手傘下に入っているLCCが多い状況では、大手の本体も経営困難に陥っている状況になると、LCCとしての業務の再開はより厳しくなる傾向と言えるでしょう。

また、仮に運航再開されても各国の受け皿となるホテルなどの宿泊先が倒産するような状況では、トータルでの旅費が嵩んでしまい、旅行を諦める人が増えることでLCCへの需要も相対的に減少してしまうのです。

従来のLCCのビジネスモデルでは再開後も困難

感染問題が収まるまでに大手キャリアの資金が続けば問題はないですが、正常後にも搭乗率が一気に元に戻るかという保証はなく、いずれにしてもLCCの業務再開については解決の難しい大きな課題となっていきます。

また、同じような感染症による影響が将来的に再発する可能性も高いですので、従来型のLCCのビジネスモデルに対して何らかの工夫を施さなければ継続が難しくなっていくでしょう。